トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却する前に車検を通したとしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    車を手放そうと決めたならば、先ずした方がベストなことと言えば、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    今の査定相場金額を知ることでとても安い値段で取り引きさせられるリスクを大きく回避できますし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店に即決することも可能になるというものです。

    多数の買取業者にネットを利用して一括査定可能なサイトがあるので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    中古車売却の際には、なるべく沢山の会社に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、中古車売却を成功させる秘訣のひとつでしょう。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、価格競争をさせるというのも自分にとって有利になる手段です。

    いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、何も心配するようなことはないのです。

    それと、実際に契約する段階になった時には売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。

    車の外観の傷というのは買取のための査定を行う時点で隅々まで確認されるのが普通です。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはあまり査定には影響しないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はないと言えます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、必要な書類が足りなければ正式な契約という扱いにはなりません。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも無料で出張査定に来てくれます。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、実際にはそれほどの違いはありません。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、無理矢理に修復しようと試みずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積金額アップは望めなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検が終了した直後に車を手放すことは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    売却予定の車の現物査定は、自分で業者に車を乗り付けていくか、さもなくば訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点で利用者には有利です。

    ひとつの店に持ち込むのと違って多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまりどうしても他社と競合せざるを得なくなり見積額があがって、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。