トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    車の査定を依頼するときには、ひとつの店舗だけではなくて沢山の業者に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、高く車を売却するコツです。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、価格競争をさせるというのも有益な手段となるでしょう。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    また、契約を取り交わす時には契約書の内容はしっかりと全文確認することが重要になってきます。

    中古車を見積もる際の基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、実際の査定金額を導き出します。

    自分の中古車をちょっとでも良いから高く買い取ってもらいたいならば、実際に査定に出す前に出来るだけ自分で掃除しておくことです。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関しては幾らかは個人個人で対処することにより消すことが出来るでしょう。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    たしかに夕方以降や雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、どちらが良いとは一概には言えません。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、中古車買取業者に買い取ってもらう際は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    代替交通機関がないときは、あらかじめ査定を依頼する前に代車手配が可能かどうか確認しておきましょう。

    代車ありを謳っている業者でも店によってはまったく代車がないなどということもありますし、先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    ただ、車が全く売れないというわけではなく、まだ道は残されています。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、買い取ってくれます。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買い取りに出す場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、大切な項目だけでも書き残しておくと良いでしょう。

    書面に書き残すのを面倒くさがる相手は、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    基本的に自動車の査定時において、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。