トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと授与されないので、この資格を持っていると言うことは、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などが絞られてしまうことも出てくるのです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、おおむね初年度の登録からの日にちが早いほうがその車の価値は上がるということです。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうが断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので注意しなければいけません。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために業者のところに直接、車で行こうというのは無茶としか言いようがありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    強いてその長所を挙げるとすれば、スピードです。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    売却したい車で店舗に乗り付けて直接査定してもらおうと思っているなら、待つことさえ厭わなければ予約は要りません。

    けれどもこうした場合は他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    結果的に市場価値より安値で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人である場合に限られます。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を購入する際にも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、手間がかからないのが良いでしょう。

    時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    一社ではなく、たくさんの会社で査定してもらうことで、査定額を上げることも可能になります。