トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    車の査定を依頼するときには、ひとつの店舗だけではなくて沢山の業者に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、高く車を売却するコツです。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、価格競争をさせるというのも有益な手段となるでしょう。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    また、契約を取り交わす時には契約書の内容はしっかりと全文確認することが重要になってきます。

    中古車を見積もる際の基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、実際の査定金額を導き出します。

    自分の中古車をちょっとでも良いから高く買い取ってもらいたいならば、実際に査定に出す前に出来るだけ自分で掃除しておくことです。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関しては幾らかは個人個人で対処することにより消すことが出来るでしょう。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    買取業者に車を査定してもらう時は本人がその場にいなければいけないとする決まりなどはありませんが、本人不在で起こりうるトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、人が見ていないのを幸いとばかりに元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で安く買い叩く業者もいるそうです。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、いつ来ても構わないという気持ちで出来るだけたくさんの業者に査定させる方が良いに決まっています。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

    10対0で先方に過失があって追突され、自分の車が大破。

    当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしても支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と協議したほうがいいでしょう。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    しかし、あくまでも目安ですから、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    無料一括査定サイトを利用すると直後から売却を勧める電話がひっきりなしにかかってきますが、必要のない買い取り屋にはもう手元にないと言うことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    愛車を高く見積もってくれたいくつかの会社に絞り込んで、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

    しかしながら、査定相場よりもやたら高い金額を示す業者は用心するに越したことはありません。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、見積額が低下する要因になってしまうからです。