トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    いくつかの業者から見積もりを出すことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同じ時間に複数の中古自動車査定士に現実的に車を見積もってもらい、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    事故車などの修理の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    軽い損傷程度で済んでいて、適切な処理が施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    もし多くの買取業者で同じように0円査定と言われてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    実査定の時や、車を実際に売るときには、個人情報を公開しなければなりません。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、契約を交わした相手の個人情報を記録しておくという義務があるのです。

    少しでも高い見積り額を訪問査定に来た中古車業者から得るためにはそれなりの努力が必要です。

    それは意思表示です。

    つまり、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    業者も商品の引取日がわかれば引取後の販売日程がほぼ本決まりとなるため、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も円満にまとまる率が高いのです。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、業者が見逃すことを期待しているのです。

    けれども実際にはそんなことより、時間を問わず多くの業者に来てもらったほうが効率的です。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    中古車の査定において、一度に多くの業者に予約を入れて出張査定に来てもらい、一気に同じ時刻に中古車の見積もりをお願いする事を相見積もりといいます。

    「相見積もり」を依頼する長所と言えば、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。

    なるべく相見積もりはしたくないという業者もいますが、相見積もりに難色を示さないところは実際に購入しようとする意欲が高いところで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    相見積もりは車をなるべく高く売るために効果覿面であると言って良いでしょう。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人間の取り引きの方が一番双方にとって得をする方法です。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことは有益ではありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。