トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には自分が売りたいと思っている車の査定をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、多くの店を自分で回る必要性がないのが良いですね。

    利点が多いとはいえ、お店によっては売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、連絡手段が主にメールのところを選べば良いのではないでしょうか。

    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、車の査定をネット上で可能なサイトはたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる原因の一種になってしまうのです。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、購入者視点で考えると状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    ある程度を超えて走行した車というものは、業者の査定ではマイナスとなります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして10万を超えると過走行車となり、値段がつけられないと言われることも多いです。

    けれどもそれで諦めろといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、使えるパーツ単位で計算してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    たとえ訪問査定の当日に契約の意思表示をしていても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、業者による査定の前に、書類を整えておく必要があります。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、はじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    本体で考えるのではなくて部分で見れば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。

    車を中古車屋に売る際にしておくことは、少なくとも2つあると思ってください。

    まずウェブの一括査定サービスなどを使って相場をつかむのが先決です。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、明らかに損な価格で売却する場合もないわけではありません。

    そして二つ目として、車の大掃除をしておきましょう。

    車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

    少しでも車内に匂いがあると、第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

    一律と言うわけではないのですが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。