トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することでプレゼントされることが可能ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うとポイントと交換できるなどです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    中古車売買の金額をアップさせるために買取業者と金額交渉の際に肝心なのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、チェック済みではないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の何種類かの書類が入り用になってきます。

    引越や結婚などで住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    売却予定の車を査定してもらう場合、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあるとやはり減点になってしまいます。

    さほど臭わないと思っていても感覚が鈍化してしまっている状態で、他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものでは付着したにおいはとれませんので、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまでいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社からいっぺんに電話がかかってきますから、覚悟は必要かもしれません。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に注意すべき点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額やそれに関する諸条件はかなり注意して読まなければいけません。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    自動車を売りに出す前にきちんと洗車しておくことは、直接的ではありませんがちょっとでも高額な査定をつけてもらうために有効な手段です。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも好感度アップさせることができるので、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があります。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば悪いのは売り手側です。

    わざと隠し立てしていたりしなければ、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は買うときにも提出する必要があるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。