トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    オンラインの車一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    数多ある中古車の見積もりを比べたときに、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    中古車買取をその業者で行う際、中古車買取の契約が先に済んでからあれこれ難癖を言われてしまい買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    価格交渉以前に相場を確認しているのなら構わないでしょうが、チェック済みではないのならば相場の価格よりもずっと低い価格を自分で提示してしまうかもしれないので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、いざ見積もりに出そうと言うときにはしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは幾らかは個人個人で対処することにより落としたり消したり出来るでしょう。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、インターネット上の中古車買取一括査定サイトを活用するのも手です。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    各社の査定結果がほぼ出揃った時点で、見積額の高い業者の幾つかと交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    ただ、強引さが目に余る業者はあとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、実際に査定を受ける前にメーカー純正品にしておいた方が良いかもしれません。

    少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうともともとのメーカー品を装着している車のほうがプラス査定がつくことが多いのです。

    きれいな状態を保つために屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    人気のある他社製のホイールは意外な値段でオークションなどで売れる場合も多く臨時収入も期待できます。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、需要も読みにくいところがあり、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    複数社に一度に依頼できる一括査定サイトをうまく使えば、たった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    勿論、車検が切れてしまっている車より車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだと査定価格アップをそれほど期待できません。

    そうはいっても、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    簡単な項目を入力するだけで瞬時に査定額が分かるネットの中古車一括査定サイトは、自動車を売ろうとするときにはかなり便利です。

    一括査定を申し込んですぐ電話攻勢にさらされますが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    査定してもらった業者のうちで売却予定の車に対して高く見積もってくれた数社を選び、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

    しかし、見積金額の相場と比較して極端に高額の査定を誇示する店舗は後から難癖を付けて買取価格を下げる可能性があるので要注意です。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、車検切れまで残り半年くらいになると査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。