トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、非常に大きく関係するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    買取希望の車の査定基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    このうち車のボディーと内装に関しては、査定に行く前に入念に清掃することで査定額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、最初に断っておくべきです。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車のオークションでの査定相場を考慮して、最終的な見積額を決定します。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定スタンスが少々違ってきます。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、先方からこちらへ出張してもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    中古車買取業者のほとんどが訪問査定には無料で対応してくれます。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、競合見積りさせることも可能です。

    競争心が生じるわけですから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも構わないでしょう。

    中古車を売却する際にネットで一括見積りを依頼すると、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる会社もあるようですから、面倒なときは既によそで売却済みと言ってしまうのが賢い方法です。

    もしくは、電話連絡なしの設定が選べるサイトに絞って依頼するのも手です。

    インターネットで必要情報を入力すると即座に結果が分かる中古車一括査定サイトを活用すると、その車のおおよその査定金額が把握できます。

    実際に査定に出して価格交渉をするときには事前に知識を得ておくことはとても大切ですね。

    でも、本当は売るつもりはないけど相場だけ気になるケースで活用するのはあまり良いとは言えないでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトを活用すると、その途端売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    本当に売るつもりがない場合、これらは煩わしいだけですね。

    中古車を売ってしまった後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を告げられることがあります。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売却側が責任を取る必要がありますが、査定時に何か見落としがあったというならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、車がないことで相当の不便がなければ売却することで家計がかなりスマートになるでしょう。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計金額を計上すると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。