トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額にプラスされることはありませんから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使う際の要注意項目として、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    取り引きを実際にする際、契約を結んでしまった後で何だかんだと言われて査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか見られない事でしょうが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    通常行われる手続きをせずに妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    自分の車を査定してほしくても、お店に突然車を乗り付けていくのは良い方法とは言えません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、足元を見られることもあり得ます。

    あえてメリットを挙げるならば、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    ある程度を超えて走行した車というものは、業者の査定ではマイナスとなります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、細かくパーツ分けした査定を行って、買い取ってくれます。

    中古車売却のための一括見積りサイトが存在するように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、より条件の良い保険会社があったら乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。

    中古車一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を把握することができるので比較も容易です。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意しなくてはなりません。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは違うことを覚えておきましょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに買い取ってくれる会社が見つからなかったら、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、車の処分費が無料ということです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、売るのは簡単なことではありません。