トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    WEB上でどんな時でも一瞬で中古車査定ができてしまうのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    入力フォームに必要なことを記載すると一瞬で多くの買取業者からの見積もりがもらえて、現段階での売ろうとする車の査定相場を知ることができるのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、自分の名前を入力せずに査定を受け付けているサイトもあるようですから、それを利用すると良いでしょう。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に欠点となる事と言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、仕方ないことだと言えなくもないのですが、非常にしつこく困ってしまう場合には、車を売る決心をしていなかったとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことが一番楽に断る方法でしょう。

    所有する車を買取に出そうと考えたときにお勧めできるのが、中古車の一括査定サイトの利用が選択肢としては有効です。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を調べ上げることが出来るのが良いところです。

    しかも、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に必ずしておくことといえば、当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に値段、手数料といった金額に関連した文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で契約書を交わすようにしましょう。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    けれどもそれで諦めろといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    近年市販されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限ってプラスの査定が期待できます。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、型式が古い自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    愛車を売ろうという場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車の売買は個人同士でした方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って2回目以降は支払ってくれない事がないように現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。