トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    なるべく多くの中古車買取業者に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、中古車売却を成功させる秘訣のひとつでしょう。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、査定額を競争させるというのも有益な手段となるでしょう。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、何も心配するようなことはないのです。

    また、契約を取り交わす時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

    中古車売買に於いて、その査定基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定に行く前に入念に清掃することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、実際の査定金額を導き出します。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取ることができますが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントと交換できるなどです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、査定だけでプレゼントが貰える場合があれば申し込んでみると良いですね。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そしてさらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    ただ、車が全く売れないという意味ではありませんから大丈夫です。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むとパーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

    簡易査定後に実車査定を受ける段になると、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、その場で決めるのは得策ではありません。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが良い査定額を引き出すコツなのです。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、見積り額が揃って相場がつかめたところで次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    査定結果に納得し、売買契約に署名捺印するとなれば、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意しなければいけません。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは自賠責保険証、リサイクル預託証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、個人間の取り引きの方が一番双方にとって得をする方法です。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    後者の場合には1回目だけ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を告げられることがあります。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば自分側が悪いと言えますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    どうしても納得いかないときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売り払ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自宅以外に駐車場を借りているならばその代金も支払う必要があります。

    全ての合計を見ると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。