トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    WEB上でどんな時でも一瞬で中古車査定ができてしまうのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    入力フォームに必要なことを記載すると一瞬で多くの買取業者からの見積もりがもらえて、現段階での売ろうとする車の査定相場を知ることができるのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、自分の名前を入力せずに査定を受け付けているサイトもあるようですから、それを利用すると良いでしょう。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に欠点となる事と言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、仕方ないことだと言えなくもないのですが、非常にしつこく困ってしまう場合には、車を売る決心をしていなかったとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことが一番楽に断る方法でしょう。

    所有する車を買取に出そうと考えたときにお勧めできるのが、中古車の一括査定サイトの利用が選択肢としては有効です。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を調べ上げることが出来るのが良いところです。

    しかも、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    他社製のホイールを履いた車を売る場合は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていは純正品であるほうが査定に加点がつくことが多いです。

    きれいな状態を保つためにカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。

    人気のある他社製のホイールは意外な値段でオークションなどで売れる場合も多く臨時収入も期待できます。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては買値に影響しないのが普通です。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、タイヤをノーマルに戻してから販売する必要があります。

    つまりそれだけあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中古車査定もそのひとつですが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、同じサービスなら安い自動車保険へと乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、利用するのには一切お金がかかりませんし、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    中古車を売ろうとするときには、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と前もって自分で修理に出すときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車を買うときにも提出が求められますから、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら手放すことで家計簿的に大きく削減可能です。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらの合計を出すと、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。