トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを「相見積もり」といいます。

    これをいつでも可能にしたのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、時を同じくして多くの買取業者に実査定をしてもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えて走行している車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、今すぐにでも売却したいという思いを強くアピールすることです。

    暇つぶしに査定はしてもらうがきっと売却は後回しになりそうな人よりも、そうと決まれば今すぐにでも売却しますという売り手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    直ぐに売りたい意志のある相手と分かれば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    中古車の見積りではそれらは採点される項目には含まれていないからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは需要が高いため、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそれなりの価格になります。

    ブランド品で状態が悪くなければなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でおおよそ1万kmが標準といわれています。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることも充分考えられるからです。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、車を中古車市場に出す時に業者がタイヤを交換することも極めて普通に行われているからです。

    そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響は微々たるものです。

    タイヤを新品に替えたとしても得することはほとんどないでしょう。

    半分忘れ去られたようになって、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    車検を通すのにかかる費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人である場合に限られます。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、すべての債務の返済が済むまでのあいだは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。