トップページ

    このサイトでは外車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「外車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    外車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に外車の査定してもらうこと」です。「1社にだけ買取査定をしてもらって売却する」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば2~3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社からの買取見積もりを比較することができます。あなたの外車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に外車の査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括買取査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、全国に対応していて無料。

    「今乗ってる車が外車だから買取相場を知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている外車の買取相場分かります。しかも、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    外車の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに外車の概算買取相場が表示されるので、「自分が乗っている外車の買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで長年乗った外車でも高額買取が実現します。

    最大で10もの会社が中古車の査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたの外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者が外車の買取査定額を出してくれます。少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した外車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の中古車買取店。
    外車専門15年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した専門店なので他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですので、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用して買取査定の金額を出してもらった後に、最後に査定してもらうのがおすすめです。

    他の業者よりも高い買取金額を提示してくれた場合は外車王にあなたの大切な外車を売却しましょう。







    自分が所持している車にこれでは売却したくないと考える査定金額を業者側から提示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車見積もりを依頼したとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何種類かの書類が入り用になってきます。

    引越や結婚などで住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、査定額を算出してくれる方法です。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で自然に価格競争が起きてきますので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、一概には言えないところがあります。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、普段は知らない中古車の相場を知ることと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    そこさえ押さえておけば、査定は何社から受けようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、確認するのを怠りがちですので、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも実車査定に応じてくれるものです。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側が責任を取る必要がありますが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと相談することが最善でしょう。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    「車検切れ」である車よりも車検が残っている方が有利です。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、買取から売却の間に流行が廃れているかも知れないからです。